繰り上げ返済の種類

繰り上げ返済とするという事は、その返済額でぐんと元金を減らす事ができるという事です。
なので、特に返済開始当初、元金充当額が少ない元金均等返済においては、その効果は初期である程大きくなります。

よく、返済開始からなるべく早い時期に行いましょう。というような事が言われるのはこのためです。
ひとことで「繰り上げ返済をしたい」と申し出ても、その方法には期間短縮型と返済軽減型というものが存在し、どちらにするか尋ねられます。
「期間短縮型」というのはそのまま表すとおり、元金を減らした分、返済期間を縮める方法です。

一方「返済軽減型」というのは、今までの月々の返済額を減らす方法です。
期間が短くなる分、利息負担が少なくなるので、損か得かで言えば、期間短縮型の方が、総支払額が減らせて「得」なのですが、月々の出費が重みはじめる時期までに、思う金額まで返済額を下げる計画を立てるのも良いかもしれません。
何がベストなのかは、その人の考え方、暮らし方次第なのですから。

ここでひとつ、注意しなければならないのは、繰り上げ返済だけに目を奪われて、収支全体を見失わないことです。
繰り上げて返済を行うということは、手元の資金を減らす事です。
その時々の社会情勢から、繰り上げ返済で得られる「得」よりも、手元の資金を減らさずに運用することで得られる「得」のほうが大きいという事もあります。

▲ページの先頭へ戻る