住宅ローンの金利はどうやって決まるのか

さて、金利の予測もしながら納得のいく選択をするためには、そもそも、どのようにして住宅ローンの金利が決まるのか?を知ることも大切ではないでしょうか?
住宅ローンの変動金利型は多くの場合「短期プライムレート」に連動すると前述しました。この「短期プレイムレート」に影響を与えるのが日銀の金融政策・無担保コールレート・オーバーナイト物の誘導金利ですから、日本銀行の金融調節によってコントロールされているということになります。
つまり、短期金利は、その時点の金融政策によってくるのです。

これに対して長期の住宅ローンは、10年の長期国債の動きにある程度連動します。
長期国債を売るということは長期資金を調達すると言う事ですし、長期国債を買うという事は運用するということですからこの債権相場の動きが長期金利を表すことになります。
となれば、長期金利は予想で動くという事がわかります。これに対し、短期金利は毎月の日本銀行の金融政策決定会合の結果により動くのです。

国債の利回りが上がってきていれば、近いうちに利上げかな?という事になります。
つまり、近日中に予想外の物価の急激な変動はあまり考えられないという事がわかりますね。
お金の貸し手側は、もし損をするのがわかっていればお金を貸してくれる訳がありませんから、短期金利があがりそうな時に低い金利で長期に貸し出してしまうと損なので、利回りが上がるだろうとの予測があれば、長期金利を先に上げる事になります。

予測で上げるのですから、実際に上がったとしても、予測どおりという事です。
変動金利と固定金利とでは、その金利に大きな差があるのがなぜなのかも、借り手側と貸し手側、つまり需要と供給から考えて理解できてくることと思います。
低い金利を長く続けたいと考える借り手が増えれば、市場の原理で長期の固定型は需要が高まり、値段が上がるのです。

▲ページの先頭へ戻る