金利違いを実感してみる

数字で考えると、より金利の違いの及ぼす影響がわかりやすくなると思います。

例えば、3000万円を35年で借りた場合、長期固定金利3.2%で3年間の利息負担額は281万円強、変動を選択したとして、1%で3年間借りた時点では、金利負担額は86万円強です。
たった3年間で、これだけの出費の差が生まれる事になります。

ここで言えることは、金利上昇のリスクもあれば、固定を選択するという事にも、これだけのリスクは支払うのだという事です。
この分を自分に納得させて、まず、固定の選択をしなければならないのです。

しかし、金利の動向はいわば「掛け」ですから、「安全」の視点からは、私としては、生活費ベースで考える事をお薦めします。
毎月返済額は、住居費という固定費として割り切って、「借入できる金額」ではなく、「住居費」として「支払える金額」を設定し、それからまずローンの総額を考えてみるのが破たんをきたさない為の「安全な」ローンの組み方ではないでしょうか?
「損・得」で考えるのもひとつですが、自分が何を中心として返済額を捉えるか、どの視点で納得する金額を出すか、正解は人それぞれです。

固定を選択することをお薦めするとはいっても、今日の日本で、急激に金利の上昇が考えられるとも思えないという事も付け加えておかなければなりません。

では、損得で考えるとどうか?
目先の金利で選択をすると本当に危険なのか?というと実はそうでもありません。「目先の金利」は馬鹿にはできません。
それを確認し、なおかつ自分で選ぶ。それが一番本人にとっての安全な選択となるでしょう。

前述の数字のほか、1回目の金利負担でみれば、3000万円を3%の全期固定型で借りた場合と、変動金利型の選択をして1%で借りた場合、1回目の返済分のうちの利息支払額は、3%の固定で7万5千円に対して、1%の変動で2万5千円です。この負担金利の差は、借入元金の減少に影響します。
どの位まで金利が上がると危険なのか?はたして金利はどこまで上がるのか?納得の戦略を立てて望んでください。

ただ、破綻させない為の安全第一の戦略というのもあります。
短期で返すという大前提で考えて、返済開始後の繰り上げ返済のコスト等も考えながら選択していくというのが、私の考えです。
総支払額など気にしないで、どんなにローンが長く続こうとも、利息を払い続けようとも、出来るだけ少ない返済金額で日々の生活を送る事ができれば良いという考え方もあるのです。
ただ、これは、将来売却したいと思った時には痛手を負う事になってしまいますが、日々の生活を中心に見据え、売却時に、一体この家に自分がいくら支払ったのかにそれ程執着しないのならば、これもあまり問題にはならないでしょう。

▲ページの先頭へ戻る