節約生活は購入前に

よく、住宅を購入したので、ローンの返済の為に節約している。という話をききますが、私は、節約は購入前にすべきだと思います。

その理由のひとつは、節約を頑張らなくてはならないほどのローンを組むべきではないという事です。
もうひとつには、購入前の自己資金を増やすためにはとても意味があるという事です。

そして、家計簿等を使って、現在の生活水準や出費のおおまかな金額をつかんでおく事はローンを組む前には大きな意味を持つという事です。
購入してしまってから、節約に励むというのでは、恐らく長期のローン返済にとっては危険極まりない事です。
最低でも3カ月は家計簿をつけてみて、その節約生活が35年つづくと考えてみてください。

どうでしょう?それでなくとも長い返済期間の中では、予想しない色々な出来事がおこる事も考えられます。
住宅ローンのような長期のローンを組む場合は、余裕をもって組むのが正解だといえます。もう少し払えるのにと思うくらいで丁度よいのです。余裕があれば、その都度繰り上げ返済にまわすのが安全な方法です。

「万が一、何かが起った場合」それは、リストラだったり、会社の倒産だったり、自分の病気だったり、転職だったり、今想像しない事も将来絶対にありえない事ではありません。
例えば、収入を失った時に手元にどのくらいの資金が必要になるのかを考えておかないとならないという事です。ギリギリの返済をしていてはそんな「万が一」には到底対処できないでしょう。

35年で組んだローンを、何事もなければ、10年で返す。というような、のりしろのある計画をたてるのが良いと思います。
一年間、何事もなければ、そのもしもの時の為のお金をその都度繰り上げていけば良いのです。
そうはいっても、住宅ローンを安全に組む一番の方法は、当然ながら「なるべく少ない金額を借りる事」です。

持っている資金をなるべく頭金につぎ込んでしまいたい気持ちもよくわかります。ここで言いたいのは、目先の物件にとらわれて、無理な節約をしながら購入を考える事は一番危険な事だという事です。
おそらく、誰でも判っている事でありながら、魅力的な物件に出会うと、少し頑張ればなんとかなるような気がして、購入を安易に決めてしまう人が案外多いのです。
節約を考えるなら購入の前に、そして、節約の目的は、貯めたお金で、頭金を少しでも多く作る事としましょう。

関連ページ

一人暮らしの極意
初めての一人暮らしを応援するサイト。退去する時のアドバイスや震災への備え、防犯対策などの豆知識をたくさん紹介しています。

一人暮らし情報局
一人暮らしは初めてですか?進学、就職、それとも離婚?きっかけは人それぞれですが、みんな初めての一人暮らしには不安を抱えています。

▲ページの先頭へ戻る