金利型について

各種、住宅ローンを調べた後、どのローンを選ぶべきかといえば、同じような条件下にあるならば、わずかでも金利の小さいものを選ぶというのが鉄則です。
とりわけ多額で長期の借入になる住宅ローンでは、わずかな金利の差でも大きな違いとなるからです。
この金利については、固定か変動かというところも大切な選択ポイントです。
まず、少し整理してみまよう。

金利のタイプには大きくわけて、完済までの金利があらかじめ決められている「固定金利型」と、適用金利が変動する「変動金利型」というものがあります。
「変動金利型」では、毎年4月と10月の時点での短期または長期のプライムレートに連動するかたちで摘要金利が、年2回変動します。
この「固定金利型」「変動金利型」の2つの型を基本にして、「固定金利選択型」や「上限金利設定型」、「預金連動型」などいろいろなタイプが存在し、これらは取り扱う金融機関ごとに異なってきます。
この「固定金利選択型」というのは、3年、5年、10年など、各金融機関で決められた一定期間の間は、当初の契約時の金利を適用して、その期間を経過した時点で、その後の金利タイプについて、固定か変動かを選択することができる仕組みです。

これに対し「上限金利設定型」というのは、変動金利ではあるけれど、たとえ金利が急上昇していても、契約時に決めた上限金利以上にはならないという特約のついた変動金利ローンです。
特約のついている分だけ、通常の変動金利よりも金利は高めに設定されます。

「預金連動型」というのは預金残高が増加するほど、金利が低くなるというものです。

住宅金融支援機構の「フラット35」は固定金利型、信託銀行は長期プライムレートに連動する変動金型を取り扱っていて、固定金利選択型、上限金利設定型などは、銀行等での取扱いです。
一般的に固定金利は変動金利よりも金利は高く、一見、変動金利の方が魅力的に思えます。

「金利は低いものを選ぶのが鉄則」なのですから、変動金利型を選びたくなるのが当然ですが、「安全に」住宅ローンを組む。という事については、大抵の書物には、変動金利ではなく、固定金利を選ぶよう書かれています。
長期に及ぶ返済期間中、金利がどう変化していくか予想する事は簡単な事ではありません。低金利が続く今日ですが、生活設計をしっかりたてることが出来るという点で、住宅ローンに関しては「固定金利」を選択するほうが、堅実といえるからでしょう。

関連ページ

金利.jp
金利.jpは、各種金利情報や投資、金融に関する総合サイトです。ワンランク上のマネーライフを送るための手助けをいたします。

ヤミ金の手口と対策法
法外な利息と違法な取り立てて消費者を困らせている悪質金融業者、通称ヤミ金は、意外と近い所で勧誘を行っています。

▲ページの先頭へ戻る